手術室看護師の転職をスムーズに運ぶ方法とは?

手術室看護師 > 手術室看護師の転職ですぐ働いてほしいと言われたら

手術室看護師の転職ですぐ働いてほしいと言われたら

看護師の人が転職活動をしていて、面接時に明日から働けるかと聞かれることが時々あるようです。病院側も人手不足だったり急に人を採用する必要が出たりして、とにかく早く職場に来て欲しいと急いでいる事情もあるのでしょう。
透析看護師の給料・年収は?

でも面接を受ける側にも都合がありますし、すぐにその病院で働くわけにはいかない場合もあります。とくに現在の職場で働きながら転職活動をしている場合は引き継ぎや諸手続きを済ませなければなりません。

引き継ぎをしたり、次の担当者を育成するには時間もかかりますから、自分の都合で早く辞めるわけにはいかないこともあるでしょう。
≪公式≫公益社団法人 大阪府看護協会

また、すでに退職している場合も、複数の病院を転職先として考えているなら、他の病院と比べて一番良さそうなところで働きたいという思惑もあるでしょう。すべての面接が終わって結果が出るまでには結構時間がかかってしまうかもしれません。

すぐに働けない場合は正直にそのことを言っておく必要があります。その病院が第一志望なら、明日からは無理でもなるべく早く働きたいと言えばそれほど印象は悪くならないかもしれません。

これから他の病院で面接を受ける予定があれば、その結果が分かる時期まで返事を待ってもらわなければなりません。ただ病院にも都合がありますから、すぐ来てくれる人でなければ採用できないと言われてしまうかもしれません。

転職活動はタイミングも重要なので、お互いの都合が合わなければ、残念ですがその病院はあきらめることになります。個人で転職活動をしていると、こうしたことも時々起こってくるようです。もしこうしたことを避けたければ、転職支援サービスを利用してみるのがおすすめです。

転職支援サービスではスムーズに転職できるように、段取りをしてくれます。面接の結果などもコンサルタントを通じて伝えられますし、こちらの都合をうまく病院に伝えてもらえるのです。転職者の話を聞いて、ぴったり合った転職先を紹介してもらえますから、転職活動が成功する可能性も高まります。